ラブロックのまどろみ

自作ゲームの紹介など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ZAPPING

先月PSO2がサイバー攻撃を受けてしばらくプレイできない状態になっていたため、その間の暇つぶしにPS+のフリープレイのゲームで色々と遊びました。
がっつりしたゲームをやる気があまり起きなかったので、手頃そうなサウンドノベルをぽつぽつと。

んで、チュンソフトのゲームもいくつかやったのですが、あのメーカーはかまいたちの夜×3にもあった『ZAPPING』システムを結構色んなゲームに取り入れてるんですね。
正直かま3の時もこれは微妙なシステムかなーと思ったんですけど。


『ZAPPING』……複数のキャラを切り替えながら行動するシステム。
          選んだキャラの起こした行動が、他のキャラにも影響する

例:キャラAが扉の鍵を閉める→後から来たキャラBが扉を開けられない


発想としては大変面白いと思いますが、かま3ではこのシステムのせいで同じテキストを繰り返し何度も何度も読むハメになって正直面倒くさかった……。
またZAPPINGできるキャラ=犯人ではない ため、結構簡単に犯人の正体が分かってしまうことに(´・ω・`)



弟切草のZAPPINGは、弟切草自体が推理モノではないこともあって『この時実はこのキャラはこんな事考えてたんだよ』というのが分かるもの。
こちらも発想は悪くないと思うのですが、まず根本的に弟切草はテキスト&システムが稚拙で(苦笑)
分岐したテキストの合流を違和感のないものにしようという気が一切ないゲームのため、主人公の視点オンリーで進めてもイミフな急展開になるのですが、ここでヒロインにZAPPINGすると更にカオスな事に……



あとは『街』。
※『街』はフリープレイではない……というかそもそもアーカイブスになってないようです。僕が遊んだのは弟切草にくっついてた『街』の体験版

こちらはZAPPINGの特性をフルに用いたもので、他人の行動次第ですぐにゲームオーバーになったり先に進めなくなったりします。
登場人物達が不思議に絡み合う世界という意味で大変面白いと思いますが、かといってこのZAPPINGがゲームをプレイしてる時に面白いかと言われると……正直面白くない。
このキャラのストーリーの続きが読みたいのに、そこでZAPPINGしてしまうと話が中途半端なまま別キャラのシナリオを読むことに……。
もう少しで渋谷が爆破されそうになってるのに、ダイエットしてる女の子の話にZAPPINGするとか展開の熱さに冷水掛けてるだけだよ(´・ω・`)

まぁここでZAPPINGが邪魔だ!と思えたのはそれだけ『街』が面白く続きが気になるストーリーだったとも言えますが。



といった感じで、正直サウンドノベルにおけるZAPPINGの面白さがいまいち分からないです。
謎解きの時だけZAPPINGする(自分と助手を切り替えてトリックを再現する)とかなら使えるかな。
うーん。

なんか面白くできる方法がありそうなんだけどなぁ
スポンサーサイト
[ 2014/07/23 10:03 ] ゲーム雑記 | TB(0) | CM(0)

オンラインゲームのシナリオ

やっとPSO2のEP2も終わりが見えてきました。
ダラダラグダグダもったいぶってたストーリーが、打ち切りレベルのスピードで5章でガンガン放出された感じ。
相変わらずつまらないのはつまらないのですが、同じつまらんなら早い展開のほうがまだマシということが今回のシナリオで分かりました(゜-゜)


僕はストーリーが(一応)あるオンラインゲームってPSO2と剣と魔法のログレスくらいしかやったことないのですが、他のオンゲーのストーリーってどんな感じなんだろう。
一作で全部をバンと出せずにネタを小出し、ユーザーの意見とかで当初の予定と展開が変わったりーみたいな感じは漫画の連載と似てますよね。
確かにうまくまとめるのってすごく難しいと思います。
漫画も最初から最後までキレイにまとまってるものって本当少ないし(´・ω・`)

ただPSO2をやってて思うのは、凝るのはシナリオ展開ではなく世界観などの設定などのほうがいいんじゃないかと。
何百時間、何千時間と同じ空間にユーザーはいるのですから、その世界に浸ってもらえるような奥が深く面白い設定を作ったほうがよほど価値があるんじゃないかと思います。
主人公が自分で作ったキャラで、NPCではなく他プレイヤーとの共闘がメインだというなら尚更。
どうもシナリオライターさんはNPCを前面に押したいようですがね……


ログレスの世界観は単純だけど結構好きだったんだよなぁ。各地に置いてある手紙とか、なんか想像を掻き立てる感じで。
もう一年以上Inしてないけど久々に顔出してみようかな
[ 2014/05/18 15:23 ] ゲーム雑記 | TB(0) | CM(0)

ぼっちプレイヤー

Vita版稼働からずっとPSO2をプレイしていますが、ネトゲであるにもかかわらずPTプレイはほとんどしたことありません。
チームは設立時からずっとメンバー総数1名。
フレンドパートナー(他人が作ったキャラを戦闘に連れていけるシステム)目的でのフレンドは何人かいますが、基本交流はなし。


ネトゲなのに人と喋らなくてつまらなくない?と友達に聞かれた事がありますが、あんまりそんな事は感じた経験がないなぁ。
ゲームが過疎になるのはなんかさびしいですが、自分と他人のコミュニケーションはあまり求めていないというか。
このゲームでは喋ったりPTを組んだりしなくても簡単に他人と共闘できるので、それで満足してしまってるんですよね。
同じようなぼっちプレイヤーの方も多いので孤独を感じる事はほとんどないです。


人が多い所のほうが孤独を感じたり、意外とそうでもなかったり。
孤独って不思議ですねぇ

さーてメインキャラのカンスト目指して頑張りますか
[ 2013/11/29 22:24 ] ゲーム雑記 | TB(0) | CM(0)

project discovery 2nd season

角川ゲームズ主催のProject discoveryの第二回目の募集が始まっているようですね。
http://www.p-discovery.com/


PSVITA向けのノベルゲーム開発のための新人発掘を謳ったプロジェクトで、まぁゲームシナリオ・イラスト・BGM・ボイスアクターの新人賞的なものです。


実は去年、僕はこちらに応募したんですが見事に落選しまして……。
いずれこの没シナリオも自分でゲーム化したいなぁなんて考えてますが、それはさておき。

確か記憶違いでなければ、去年の応募要項には『大賞受賞作はゲーム化され、今年の夏にはゲームリリース』みたいに書いてあったと思います。
落選してなんか悔しいので、その後Project discoveryのサイトを見る事もなく、そのゲームが本当にリリースされたのかも知らないままだったんですが。


なーんか軽く調べた限りでは、結局リリースされていない様子……?

しかも第二回の応募要項には『受賞作ゲーム化』の文字がどこにもない(´・ω・`)


むむ……これはどうなってるのか。
大体前回も、賞金たった10万円と他部門はともかくシナリオ部門は安過ぎじゃね?って値段でしたけど。
ゲーム化されることが前提だったから皆それでも頑張ってシナリオ書きあげて応募したんだと思いますがね……少なくとも僕はそうでした。
これじゃあ今回シナリオ部門を応募する人なんてほとんどいないんじゃないかしら。

ちなみに僕は今回はスルーです。
今日ようやく第二回が始まってたことに気付きましたので、今更書き始めても間に合いませんし。

[ 2013/11/17 22:44 ] ゲーム雑記 | TB(0) | CM(0)

ノベルゲームの分担

エロゲでもコンシューマでもソーシャルでも、大体ノベルゲームは1人のライターで全てのシナリオを執筆していることはほとんどないみたいです。

シナリオを監修する人が複数のライターにこんな感じで、と依頼を出し、シナリオを書いてもらう。
それを集めて1つのゲームになるワケです。
だからこそ、どうしてもシナリオ毎でキャラクターの性格が微妙に違ったり、他シナリオと整合性の取れない内容が出てきたりしてしまいます。

1人の人に依頼したとしても、依頼者の思い通りのものを書ける人はほとんどいないでしょう。
それが対象が複数の人になるワケで……。
まぁそりゃバラバラになるのもしゃーない。
あんまり依頼者の願望を押しつけすぎても、ライターさんもガチガチになって上手い文章が思い浮かばなくなるでしょうからね。適当なところで妥協する必要が出てくる。


僕が今やっている仕事は、シナリオ監修者とライターの間……つまりシナリオの『プロット』を作ることなんですが。
すんごいざっくりとしたあらすじを依頼者から聞き、いくつかのキャラクターのルートのもう少し詰めたプロットを作成します。
で、これをライターさんに渡して実際の文章を書いてもらうワケですね。
ライターさんと僕とは全く接触がありません。僕はプロットを依頼者に渡して仕事終了です。


……どうです?
果たしてこんな感じで、僕が意図したシナリオはどれだけライターさんに汲んでもらえるんでしょうか。
ちょっと気になりませんか。
依頼者(大まかなあらすじ作成)

僕(あらすじを参考にプロット作成)

依頼者(僕のプロットをチェック、OKならライターに渡す)

ライター(”僕の”プロットを元に、”依頼者”の望むシナリオを作成)

依頼者(最終的なシナリオチェック)
と、シナリオを見るひとがウロウロするワケですから。


実際に僕の作ったプロットに沿って作られたシナリオがアップされるのはかなり先……多分3、4か月は先でしょうが、今からちょっと楽しみですw
[ 2013/11/06 20:46 ] ゲーム雑記 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。