ラブロックのまどろみ

自作ゲームの紹介など
月別アーカイブ  [ 2014年11月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

友人の予言

高校生くらいの時、一番仲の良かった友達に
「お前は家族に縛られてる。多分将来も親兄弟の言う事に、自分の意見とは真逆だと苦悩しながらも従ってると思う」
と言われた事があります。
当時の僕は、現在自分がどこか家族に囚われてる部分があると気付きながらも大人になれば変わるんだろうと楽天的に考えていましたので、「んなこたーないやろー」とか言ってたんですけど。


近頃になってあの友達の意見は正しかったなぁと思います。

なんでしょうね。
兄弟は徹底的に気が合いません。明るく積極的ながらモラハラ的な部分の多いアイツをどうしても好きになれない。
母はプライドが高すぎて、それを一番に考えてる感じがどうもなぁ。
父は僕とよく似ています。自分さえよければいい人間。完全に同族嫌悪ですが、色々と虫唾が走ります。


簡単に言えば家族の事が憎いです。
生まれたくはなかったのに、勝手に生んでおいて感謝しろみたいな態度。
イライラする。

なのに、家族を捨てきれません。
やっぱり憎しみだけじゃ割り切れない部分があるんでしょうね。
絶対にあり得ない事を理解しつつも、自分の事を分かってもらえる日が来るかもという甘い期待を捨てきれないのかもしれない。
いい歳して何やってんだと自分でも思いますが(笑)
でも一生つきまとう呪縛なんだろうな。そういうもので構成されてるのが僕だから。



あの人達がみんないなくなったらきっと楽になれるんでしょうけどそんなものを待つよりは自分がいなくなったほうが早いだろうなぁと思うとなんにもできない
あーめんどくさい(´・ω・`)
スポンサーサイト
[ 2014/11/24 20:21 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。