ラブロックのまどろみ

自作ゲームの紹介など

ノベルゲームの分担

エロゲでもコンシューマでもソーシャルでも、大体ノベルゲームは1人のライターで全てのシナリオを執筆していることはほとんどないみたいです。

シナリオを監修する人が複数のライターにこんな感じで、と依頼を出し、シナリオを書いてもらう。
それを集めて1つのゲームになるワケです。
だからこそ、どうしてもシナリオ毎でキャラクターの性格が微妙に違ったり、他シナリオと整合性の取れない内容が出てきたりしてしまいます。

1人の人に依頼したとしても、依頼者の思い通りのものを書ける人はほとんどいないでしょう。
それが対象が複数の人になるワケで……。
まぁそりゃバラバラになるのもしゃーない。
あんまり依頼者の願望を押しつけすぎても、ライターさんもガチガチになって上手い文章が思い浮かばなくなるでしょうからね。適当なところで妥協する必要が出てくる。


僕が今やっている仕事は、シナリオ監修者とライターの間……つまりシナリオの『プロット』を作ることなんですが。
すんごいざっくりとしたあらすじを依頼者から聞き、いくつかのキャラクターのルートのもう少し詰めたプロットを作成します。
で、これをライターさんに渡して実際の文章を書いてもらうワケですね。
ライターさんと僕とは全く接触がありません。僕はプロットを依頼者に渡して仕事終了です。


……どうです?
果たしてこんな感じで、僕が意図したシナリオはどれだけライターさんに汲んでもらえるんでしょうか。
ちょっと気になりませんか。
依頼者(大まかなあらすじ作成)

僕(あらすじを参考にプロット作成)

依頼者(僕のプロットをチェック、OKならライターに渡す)

ライター(”僕の”プロットを元に、”依頼者”の望むシナリオを作成)

依頼者(最終的なシナリオチェック)
と、シナリオを見るひとがウロウロするワケですから。


実際に僕の作ったプロットに沿って作られたシナリオがアップされるのはかなり先……多分3、4か月は先でしょうが、今からちょっと楽しみですw
スポンサーサイト
[ 2013/11/06 20:46 ] ゲーム雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL