ラブロックのまどろみ

自作ゲームの紹介など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

歯医者

3月中ごろからずっと目・鼻・歯の調子が悪く、耳鼻科に行って副鼻腔炎と診断され抗生物質を飲んでるわりにはなかなか症状が改善されず、週末から歯の痛さが尋常じゃなくなったので今日歯科へ行ったところ。
奥歯の神経が腐っていて、それが副鼻腔炎っぽい症状の原因になっていたのだと発覚しました。

奥歯は2年くらい前に虫歯になって治療してもらった歯だったのですが、その時の詰め物が神経を圧迫していたのが原因?とかそんな感じらしい。

病院が混雑していたのもあり2時間くらいかけて歯の神経を抜く治療をされました。
いやー、しんどかった。
麻酔が効きづらく、結局3本打たれたのかな。
しかも最後切れかけてきちゃったし。


まぁ歯医者さんいわく、これでそのうちその他の悪い部分(鼻とか)の症状も改善されるハズとのことなので、しんどい思いをした甲斐はあったかなーと。
まだ治るとは限りませんが。



どうでもいい事ですが、先生と名の付く人は大抵金をもらってありがとうと言われる立場だから傲慢な人が多いと言いますよね。(普通の場合はお金をもらった側が客に礼を言う)
それが本当なのかはともかく(っていうか人によりますよね。今日の先生は全然傲慢さのない良い方でした)、確かにこちらが治療後ありがとうと言い、向こうはお大事に~と言う。
来てくれてありがとうとは先生も看護婦も誰も言わないですね。

学校もそうか。
入学おめでとうとは言っても来てくれてありがとうと言われた記憶はない。

不思議な世界だな、先生ってのは。



はい、今回のどうでもいい話でした。
スポンサーサイト
[ 2014/04/03 21:42 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。