ラブロックのまどろみ

自作ゲームの紹介など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

注射嫌い

お恥ずかしい話ですが、僕はこの歳になっても注射が大っきらいです。

痛いのももちろん嫌いなんですが、一番嫌なのはあの針!
なんなの! あんな鋭いモノを今から俺に突き立てようってか! 勘弁してくれよ!!
(要は先端恐怖症です)


ところが注射嫌いで長年逃げ続けてきた僕に、最近二度も注射を受けなければならない事態が。
参りました。
一週間前から憂鬱で寝られません。
ガチビビリです。

なんとかしてこの注射の苦痛から逃げられないのか。


ネットで色々調べてみたところ、有効そうな手段は
・ちゃんとご飯を食べ、水分も取っておく(浸透圧がどうたらで痛みがマシになる)
・消毒後すぐ刺されると痛いので、できれば少し間を開けて打ってもらう
・針を見ない
・違う事を考える、ひたすら喋って気を紛らわす
・違う場所(腿とか)をつねって痛み分散
・皮下注射や筋肉注射の時には打つところをあらかじめ強くつねって麻痺させる
・正直に看護士さんに注射が苦手だと伝える

こんな感じ。

で、実際に上記を実行してみました(消毒のは言い忘れましたが)
一回は採血、一回は予防接種。


おお、割と我慢できるんじゃね!?



個人的に最も重要なのは、『看護士さんに注射が苦手だと伝えること』!!!

これだとまず注射下手な人はベテランの人に代わってくれるし、注射打つ時もひたすら優しい。
色々話して気を紛らわせてくれますし、こちらもビビリをアピールしてしまってるからカッコつける必要がない。
針を見ないために全力であさっての方向を向いていられる。
終わった後、「よく頑張りましたね」って褒めてもらえる(笑)


いや、人間正直が一番ですね(*^_^*)

学生の頃、スカしていた僕は注射が怖くてしかたなくても平気だよーというポーズを取るために何食わぬ顔を装い続けてきました。
震えながら腕を出して針が刺さるのをじっと見てました。
あの頃の自分に言ってやりたい。
ビビリだとカミングアウトしたほうが何倍も楽だぞと……


まぁ、もし注射嫌いの方がいらっしゃったら参考になれば幸いです。



※リンクの件
リンクが切れておりましたので、佐田様のTears Labへのリンクを外させていただきました。
移転されたのかもしれませんが見つけることができませんでしたので、申し訳ございませんがご了承ください。
スポンサーサイト
[ 2014/10/09 13:16 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。